食育

食育基本法が平成17年6月10日に成立し、「食育」は国が推進する重要なものとなりました。一方、平成19年には食品リサイクル法が改正され、行政の指導強化が図られる中、食品偽造事件や輸入問題など、『食』に関する話題が相次ぎ、環境問題とともに『食』に対する関心は年々高まってきています。アースファームは、グループ会社のアースサポートとともに、構築した食品リサイクルシステムの「食育」を共同で行っています。

事例紹介

小学校における食育

日程
平成21年7月3日
参加学校
出雲郷小学校4年生
内容
食品残さのリサイクルの仕組みについてスライドを用いて説明し、その後食品リサイクル施設を見学。アースファームの農場へ移動し、土に埋まっているジャガイモほりを体験。収穫したジャガイモは持ち帰り、授業でカレーつくりに使用された。
  • 食育1
  • 食育2
  • 食育3
  • 感想文1
  • 感想文2
  • 感想文3
  • 感想文4

第4回全国食育大会に参加

日程
平成21年6月14日・15日
場所
くにびきメッセ
内容
食育推進全国大会は、食育に対する理解と関心を深め、国民の健全な食生活と豊かな人間形成に寄与することを目的として、食育に関するシンポジウム・フォーラム、食育に取り組む県内外の団体による展示・活動紹介、食育の体験・講座・現地ツアー等が実施されました。アースサポート・アースファームの連名で、食品リサイクルの展示とアースファームの野菜販売を行いました。
  • 食育2_1

自然を愛する生産者の会

自然を愛する生産者の会勉強会1

自然を愛する生産者の会勉強会2

『自然を愛する生産者の会』は、有限会社アースファームおよび地域の生産者とともに食品リサイクルによる循環型農業に取り組み、生産した農産物およびその加工品を消費者に販売することで、循環型社会を構築していくことを目的として設立しました。現在では約50名の会員の方が所属しており、勉強会や意見交換会を行っています。

畝の間に原液を散布することで土壌が肥沃になります。新たな農業スタイルとして、農地への散布作業をアースファームがお手伝いし、栽培した農作物もアースファームが農家さんから一括購入後、ネットワークを使用して販売するという取り組みを始めています。

農業フェアに参加

島根県では、毎年秋頃農業に関するフェアが開催されます。毎年開催趣旨は異なりますが、多数の来場者にアースファームの取組みを知っていただき、農産物を購入していただいています。

農業法人商談・交流フェア

日程:平成18年11月24日・25日
場所:くにびきメッセ

農業法人商談・交流フェア

農業法人と消費者との交流フェア

日程:平成19年11月3日、4日
場所:くにびきメッセ

農業法人と消費者との交流フェア

安全・安心おいしさ満載市

日時:平成20年11月29日
場所:くにびきメッセ

安全・安心おいしさ満載市

CO2カットフーズ

Co2カットフーズ本来焼却されていた食品残さを液体肥料にリサイクルすることで、焼却に伴って排出されていたCO2排出量は削減(カット)されます。この環境にやさしいリサイクルは、地球温暖化対策にも貢献します。アースファームでは、リサイクル液体肥料を使用して栽培した農産物を「CO2カットフーズ」と名づけました。食品残さ1トンをリサイクルすると、約90kgのCO2排出量を削減することができます。みなさんにこの「CO2カットフーズ」を食べていただくだけで、環境保全活動に貢献していただくことができます。

環境を守る農業宣言

島根県では、島根の美しい自然を守りながら、農業を産業として振興していくため、「環境を守る農業宣言」を県民から募集しています。これは、生産者と消費者が身近に出来ることを自ら宣言し、ささやかなことから実践することによって「環境を守る農業」を県のスタンダードとして定着させていくための運動です。アースファームでは、「生ごみをリサイクルした液体肥料のみを利用し、無農薬・無化学肥料の安全で環境にやさしい循環型農業を推進します。」と宣言し、環境にやさしい農業を行っています。

環境を守る農業宣言

CONTENTS

  • HOME
  • 会社概要
  • 販売実績
  • TV・新聞
  • ご注文

私たちがつくっています!

野菜日記

お問い合わせフォーム

PAGE TOP