土づくりのこだわり

液体肥料を撒く様子当社では、最初に畑を耕すときに牛糞堆肥と籾殻を入れて、できるだけ深く・しっかり耕運し、ふわふわになるように土作りをしました。そうすることで根の張りも良くなり、植物が栄養を吸収するために必要な呼吸を行い易くなります。ここですき込んだ牛糞堆肥は安来市の青戸牧場さんから購入し、液体肥料をかけて完全に熟成させてあります。熟成させることにより堆肥中のアミノ酸量を増やすという効果が期待できます。その後は、グループ会社のアースサポートで生産した液体肥料のみを使用して土作りを行っています。

土へのこだわり

写真は耕運の様子です。根に空気がいくように高い畝を立て、畝の水はけを良くしています。

当社では、栽培の一作の期間を終えると最低3ヶ月畑を休ませます。その期間中は畑を耕運し液体肥料の原液を畝間に流し込み、それを耕運する・・という作業を繰り返し行い、土にしっかりと栄養を蓄えさせます。もちろん、この際も化学肥料などは一切使用せず、液体肥料のみを用います。

放線菌

液体肥料で土作りをしている農場では、放線菌というものが発生することがあります。当社の農場でも放線菌の発生を確認しました。

どういう畑に放線菌が発生するかというと…

窒素と酸素のバランスがとれている畑や、肥料濃度の低い畑に、放線菌は発生します。つまり、放線菌が発生すると言うことは『自然環境に近い理想的な畑』という証なのです。

「放線菌は畑の抗生物質」

土作りをする際にこの菌は非常に有効です。作物の病気の発生を抑制する抗生物質のような作用があるといわれています。

放線菌

CONTENTS

  • HOME
  • 会社概要
  • 販売実績
  • TV・新聞
  • ご注文

私たちがつくっています!

野菜日記

お問い合わせフォーム

PAGE TOP